埼玉県の地理状況

埼玉県といえば東京のすぐ北にある県であり、その意味では都会といってもいい位置にあります。しかし北関東に分類されることも多いように、豊かな自然が残った地方というイメージも強くあるものです。それは埼玉県が置かれている地理状況にも大きな影響があるようです。

埼玉県はもともと武蔵国に属していました。わずかに東端の部分が下総の国に属していた程度で、ほぼ全域が武蔵国の一部を構成していました。この武蔵国は現在の都道府県よりもはるかに広い範囲を覆う地域となっており、東京のほぼすべて、神奈川県の北東部をも含んでいました。この範囲は現在でも共通した地域というイメージが強く残っているものです。

それから豊かな河川が多く流れていることでも有名です。それが北部と南部の間において人・物の運搬を結ぶ重要な拠点としての存在感を埼玉県に与えてきました。まず、北部を流れる利根川。関東の大動脈といってもよい重要な河川です。この川が群馬県との境をなしています。それから江戸川。こちらは千葉県との境となっています。さらに、荒川と多摩川。こちらは東京との境をなす河川となっており、埼玉県は川に囲まれた地域といってもよいかもしれません。
現代に入ってから北部と中央部、南部の環境が大きく異なってきているのも、埼玉県の特徴といえるでしょう。東京に接している南部は都会として発展、中央部はベッドタウンとして注目を集めるようになりました。そのため現在でも自然とのどかな雰囲気を残す北部との間に地理・環境両面の違いが鮮明になる傾向が見られます。また、東京都の利便性をアップさせるための高速道路が多いのも埼玉県の地理状況の特徴に挙げられるでしょう。